農家の味方ニィ・ヨン・デイ

WHOは6月23日、2. 4-D アミン塩除草剤を人間にとってガンの発生が懸念される農薬としてこれまでのカテゴリーを一つ上げ、Group 2B に指定したと発表しました。

この研究発表は、WHO の研究機関のひとつである国際ガン研究局 ( International Agency for Research on Cancer, IARC) によってなされたものです。

IARC500.jpg

2. 4-D といえば、世界各国でも広く使用されてきましたが、特に日本では 「農家の味方ニィ・ヨン・デイ」と呼ばれ、手軽さ、便利さ、効果の高さで全国に普及し、高温時(25℃)であるほど効果が高まるという特性から、沖縄のサトウキビ農家も使っています。

日本では農家に限らず、自治体の道路わきの雑草対策や、私たちの確認した中には町内会役員が子供の遊び場の雑草を刈る手間を省くために2. 4-D や他の除草剤を使っていました。

私たちの懸念は、2. 4-Dのもつ土壌中での高い移動性による地下水への影響や研究がまだ十分に尽くされていないこと。 また、2. 4-Dのようなホルモン型の移行性除草薬がどのような形でヒトに害を及ぼすのかのメカニズムがわかっていないことです。

しかし今回のWHO の発表は、この2. 4-Dとガンの因果関係を一歩踏み込んで免疫学的分析を行った結果、酸化ストレスなどの生成を誘発する可能性があるとのエビデンスを確認できたということです。 これにより、非ホジキンリンパ腫 (Non-Hodgkin Lymphoma, NHL) など進行性の高い(中悪性度で月単位で病状が進行する)胸壁発生悪性リンパ 腫や、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫などが懸念されます。

2-4D500.jpg

2. 4-D アミン塩除草剤に限らず、除草剤については子供が直接薬剤に触れる可能性のある環境では使わないことが大切ですし、散布する農家の人々の健康管理のためにも、今回のWHO の発表をうけて、あらたな使用基準がメーカーや農業団体から出されることを望んでいます。

また、他の多くの地域のように、水源がはるか遠くの山岳地帯ではなく、多くが畑地に降った雨水が地下水源となっている宮古島の場合は、やはり化学肥料や農薬による水源の環境変化、環境負担、地下水への流亡状況の実態についてより細やかなモニターをする必要があります。

参考資料:
1. The International Union of Pure and Applied Chemistry (IUPAC)
2. Ministry of the Environment and Climate Change, Canada
3. The International Agency for Research on Cancer (IARC)
4. International Programme on Chemical Safety (INCHEM)

プロフィール

宮古島プロジェクト

Author:宮古島プロジェクト

宮古島をはじめ離島で暮らす人々の将来のために島を活性化し、島民が心豊かに暮らすことの出来る場所にするための活動モデルをプラットフォーム上で構築するのが、ゆうやなうれ宮古島プロジェクトです。

このブログでは、主に離島の抱える問題に関する世界の参考データや資料を紹介しています。

ゆうやなうれ宮古島プロジェクトはいずれの団体、組織、特定の政治や思想グループにも属さず、影響を受けることの無い完全独立系の活動組織です。

(宮古島プロジェクト 運営管理部)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
Copyright © 宮古島プロジェクト