持続可能な到達目標

un-sustainable-development.jpg
Photo Courtesy: United Nations Department of Economic and Social Affairs

2012年ブラジルのリオデジャネイロで開催された「国連持続可能な開発会議 (リオ+20)」で採択された成果文書には17の到達目標があります。これを基に2015年まとめ上げられた到達目標にそって国連の専門家作業部会による具体的な活動が現在も続いています。

私たちは、国連の採択内容や到達目標については通常ニュースなどで見出しや大まかな解説を見聞きするだけですが、具体的内容について知る機会はほとんどありません。しかも、国際会議における成果文章の内容と私たちの地方の生活とが結びつくことは少ないと考えられ、現実にはほぼ別世界での話で終わります。

ところが、国連の各作業部会の調査結果や活動内容を見ていくと、宮古島はもちろん、地域のリーダーにとっては自分の指導や具体的な活動目標を作り上げる上で「宝の山」と言えるほどの貴重な参考資料を大量に入手することができます。

国連は、私たち地域に住む者にとっては達成不能の膨大な予算と豊富な人材を世界中から集め調査・分析を続けています。さらに、専門家によって開発された実現可能な実行プロセスのためのシュミレーションや、世界各地で時間をかけて実施した実験的な試みと信頼性の高い結果報告なども公開しており、自由にネット上でも見ることができます。

私たちがこのブログ上でいつも紹介する内容は宮古島発信の情報でなく、宮古島の人々に見てもらいたい情報やデータです。地方をビジネスチャンスとして利用したい人々は地方からの発信力をまず強調しますが、今地方に住む指導者に必要なものは発信力ではなく受信力です。その理由は、よりしなやかな長期展望をするために必要なのは「人々はどう考え、実行し、どのような結果を得ることが出来たのか」についての豊富な情報・データであり、それらをしっかりと蓄え、独自の到達目標を自前で設定することで地方での持続可能な発展のための歩みを着実に進めることができると考えるからです。

プロフィール

宮古島プロジェクト

Author:宮古島プロジェクト

宮古島をはじめ離島で暮らす人々の将来のために島を活性化し、島民が心豊かに暮らすことの出来る場所にするための活動モデルをプラットフォーム上で構築するのが、ゆうやなうれ宮古島プロジェクトです。

このブログでは、主に離島の抱える問題に関する世界の参考データや資料を紹介しています。

ゆうやなうれ宮古島プロジェクトはいずれの団体、組織、特定の政治や思想グループにも属さず、影響を受けることの無い完全独立系の活動組織です。

(宮古島プロジェクト 運営管理部)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
Copyright © 宮古島プロジェクト