生態系環境再生

アメリカのワシントンDC に本部を置く「生態系環境再生ソサエティ」は、世界60ヶ国の大学と研究所を結ぶ科学者ネットワークを持つ生態系再生のトップ研究機関です。
最近、世界の生態系再生研究で良く扱われているテーマが「人が介在する方式で生態系を再生しようとした場合の自然に与える影響と再生効率」です。
私たちの年間を通しての研究テーマのひとつが、海洋ゴミと共に移動する海洋生物(植物性、動物性プランクトンを含む)の調査です。それと共に、最近では毎年夏に世界各地の研究者のフイールドワークが活発化する時期に合わせ、「生態系環境再生ソサエティ」に参加しているワシントン大学の教授の最新研究内容についても、直接聞いています。
UW-RestrationWorkParty.jpg
Restoration Work Party at Saltwater Park, Shoreline, WA
Photo Courtesy: School of Environmental and Forest Sciences, University of Washington


生態系環境の再生については、日本でも環境省により生態系と自然環境を取り戻すことを目的とした 「自然再生推進法」が平成15年に施行され、それに続いて多くの団体やNPOが生態系と自然再生事業(主に植林事業)を進めていますが、現行の再生事業実施方式やこれまで考えられてきた自然を取り戻すための方式と最新の研究成果との間には大きな懸隔、ギャップが生じています。

ここからが本題です。

最新の研究では、樹木や植物も生態系の中では動物と同じように環境変化や森林火災などの危機の中でも生き伸び、子孫をつないでいくためのノウハウを備えたDNA フットプリントのリレーや、互いにコミュニケーションを行い相互の生存保証を考えながら成長を続けるメカニズムの存在なども分かりました。特に同じ種類の樹木同士や自分たちに益となる他の樹木には必要に応じて地下ネットワークを発達させ根を絡ませ合い、二酸化炭素を補給している事実に驚かされます。

これら最新研究で分かることは、植物も動物と同じように一旦人の手で育てられたものは、本来の自然では生き延びることが難しくなってしまう、ということです。
つまり、一旦失われた生態系で新たに森や植物群を再生しようとしても、植えっぱなしでは原生の生態系のように育つのが難しく、しかも最も大切なリ・プロダクション(再生)の確率がとても低くなることです。 言い換えるなら、一旦失われた生態系を再生しようとすると、後はどこまでも人の手をかけ続けなけれは、生かし続けることが出来ないということです。

その理由は、人が苗圃や温室で育てた樹木の苗には新しく植えられた場所で育ち続けるための情報を一切持っておらず、移植後自分でその地域独特の環境に順応する力や干ばつ、森林火災、害虫、バクテリアの繁殖などに負けずに成長を続けるための知恵と言っても良いノウハウがDNA内に記録されていないためです。

生態系環境再生に関する最近の研究では、各生態系グループごとの自然再生力をj持続させるためには、全体の何パーセントまでの開発が許されるのかを含めた持続可能限界比率が算出できるようになっています。

残念ながら、宮古島では多くの地域が自然再生のための持続可能限界比率を越えている状況ですので、島全域の生態系を持続させるためには子供や動物を育てる感覚でとことん手をかけ、樹木が自ら宮古島で生存・再生を続けるためのノウハウを成長メカニズムに取り込むまでの長期間、たゆまず再生作業を続ける必要があります。

プロフィール

宮古島プロジェクト

Author:宮古島プロジェクト

宮古島をはじめ離島で暮らす人々の将来のために島を活性化し、島民が心豊かに暮らすことの出来る場所にするための活動モデルをプラットフォーム上で構築するのが、ゆうやなうれ宮古島プロジェクトです。

このブログでは、主に離島の抱える問題に関する世界の参考データや資料を紹介しています。

ゆうやなうれ宮古島プロジェクトはいずれの団体、組織、特定の政治や思想グループにも属さず、影響を受けることの無い完全独立系の活動組織です。

(宮古島プロジェクト 運営管理部)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
Copyright © 宮古島プロジェクト