タイ政府国立公園・野生動植物保護局の本気度

 先月、5月17日にCNNやワシントン・ポスト、BBC をはじめ世界のメディアが好感を持って伝えたニュースがあります。 それは、以下のような記事でした。

************************************************
 タイ政府国立公園・野生動植物保護局は5月16日、環境と生態系保護のため世界の観光客に人気の島全域を一定期間観光客の立ち入りを禁止することを決定しました。 この島は、日本でも 「タイ王室御用達の避暑地」 としてよく知られた観光地、プーケットの北西130㎞にあるスミラン諸島のひとつ、コ・タチャイ島です。 島の面積は12平方キロと小さい島ですが、素晴らしいサンゴ礁があり世界のダイバーにとっては理想的なダイビングポイントとして知られ、スクーバダイビングを楽しむ観光客も増えていました。

 国立公園・野生動植物保護局のトゥンヤ・ネシシヤマクル局長によると、「この島の生態系の多様性を守るためには、1日の観光客数は70人以内、観光客の集中するピーク時でも期間限定で最大限1日200~300人が限度です。」 とのこと。 しかし、国立公園・野生動植物保護局が実態調査したところ、最近では毎日2000人もの観光客がこの島に押し寄せていることが分かりました。 

 そのため、生態系への影響調査をすると、海中や河岸地域へのゴミの不法投棄の増加、ダイバー客を運ぶボートの整備不良などによるエンジンオイルや燃料漏れによる汚染、プーケットなど対岸から一泊でやって来て勝手に海岸にテントを設置するダイバーが放置した生ごみや食べ残しなどが散乱する状況となっていました。

 この調査後、国立公園・野生動植物保護局では直ちにコ・タチャイ島を観光客立ち入り禁止に指定しました。 また、今後スミラン諸島の他の島々でも同様の調査を続け、生態系の疲弊が確認された島は速やかに観光客の入域を禁止し復元作業を開始するとしています。 更にタイ政府は、観光客により本来の生態系が失われつつあるところは、生態系そのものが観光資源であるので、その大切な観光資源を守るために離島だけでなく、本土の観光地でも同様に立ち入り期間を制限して、エコロジー環境を守りたいとしています。
*************************************************

 ただ、ワシントン・ポスト紙が伝えるところでは、5月17日現在でバンコクの旅行社の一部でコ・タチャイ島へのダイビングツアーを販売しているところもあり、政府の通達及び実施体制の速やかな徹底が望まれます。 いずれにしても勇断であり、観光資源を守りたいというタイ政府国立公園・野生動植物保護局の本気度が伝わります。

 日本で考えると開発途上国では、国家単位での政策決定や実行に時間がかかる、あるいは形にしにくいとの考えもあるようですが、2000年以降特にアジア、中東、アフリカにはアメリカやイギリスの大学院を卒業し自国に戻り、世界基準の的確な政策決定モデルを作ることのできる多くの若者が政府中枢で活躍しています。

 下の写真は、来間島の長間浜ビーチのようにみえますが、コ・タチャイ島のビーチです。
koh-tachai-kurima580.jpg
Photo courtesy: similan-islands.com/koh-tachai

プロフィール

宮古島プロジェクト

Author:宮古島プロジェクト

宮古島をはじめ離島で暮らす人々の将来のために島を活性化し、島民が心豊かに暮らすことの出来る場所にするための活動モデルをプラットフォーム上で構築するのが、ゆうやなうれ宮古島プロジェクトです。

このブログでは、主に離島の抱える問題に関する世界の参考データや資料を紹介しています。

ゆうやなうれ宮古島プロジェクトはいずれの団体、組織、特定の政治や思想グループにも属さず、影響を受けることの無い完全独立系の活動組織です。

(宮古島プロジェクト 運営管理部)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
Copyright © 宮古島プロジェクト