宮古福祉保健所が、日本で一番頑張っている保健所かも知れない

最近、宮古島市の広報を読みながら話し合ったことが、「宮古福祉保健所が、日本で一番頑張っている保健所かも知れない」、ということでした。
昨年10月に発表され、このブログでも紹介した「生活習慣病に関する実態調査」などを見ても、福祉保健所の取り組みのレベルの高さが良く分かります。

何しろ、あまり芳しくない健康上のワースト記録や全国トップクラスの飲酒量統計が続いている宮古島。
1.飲酒問題
2.メタボーリック対策
3.糖尿病対策
4.DV(家庭内暴力)相談
5.子どもの生活福祉対策
6.精神福祉対策
と、圧倒的に飲酒が直接・間接に原因となっている "市民の自己管理不足" による問題が、宮古福祉保健所の長年の呼びかけや喚起活動にも関わらず続いています。

確かに「沖縄のノリ」 とか、宮古島独特の感覚で、本気の呼びかけに対しても「我が事として、改めて考えて見る」ことなく、単に交通安全週間の標語のように通り過ぎて行きます。

それと「標語」で思いつくのは、沖縄県や宮古島市はあまりにも多くの標語で溢れかえっているということ。
イベントの度に標語が作られ、のぼりが市内に掲げられるが、全ては一過性のものとして片付けられてしまうという傾向も影響しているのかもしれません。

福祉保健所の呼びかけに「我が事として、改めて考えて見る」傾向が少ない地域社会で一番心配なことは、子どもや若い世代への影響です。
関心の低さは、親や周りの大人たちの若年層への監視と指導力の低下に直接繋がりますし、多くは放置・放任で親や周りの大人が歩んだ道をそっくりと受け継ぐことになります。

この負の連鎖だけは、どうしても断ち切りたいものです。
何がいけないのかと、どうあるべきかについてはこれまでもくり返し福祉保健所の統計でも明らかにされています。

自分たちの大切な子どもと地域の若者をお酒の犠牲者にさせないために、親と周囲の大人たちは宮古福祉保健所の本気度に負けない本気度で行動しませんか。

また、専門家のアドバイスが必要な人は、宮古福祉保健所に直接相談してみましょう。

子ども生活福祉部宮古福祉保健所総務企画班
宮古島市平良東仲宗根476
電話番号:0980-72-2420

miyakohokenjyo.jpg

プロフィール

宮古島プロジェクト

Author:宮古島プロジェクト

宮古島をはじめ離島で暮らす人々の将来のために島を活性化し、島民が心豊かに暮らすことの出来る場所にするための活動モデルをプラットフォーム上で構築するのが、ゆうやなうれ宮古島プロジェクトです。

このブログでは、主に離島の抱える問題に関する世界の参考データや資料を紹介しています。

ゆうやなうれ宮古島プロジェクトはいずれの団体、組織、特定の政治や思想グループにも属さず、影響を受けることの無い完全独立系の活動組織です。

(宮古島プロジェクト 運営管理部)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
Copyright © 宮古島プロジェクト